就労心理教育

就労移行支援

本日の午前中は就労・復職の為の心理教育、その名も『就労心理教育』のワークを行いました。
『心理教育』と同様、プロジェクターで「紫のパンジー」や「ストレスのダム」「数式」「山登り」等、
様々な例えを用いながらのわかりやすい説明で、メンバーもメモを取りつつ真剣に聞き入ってました。

就労・復職の為に…

就労・復職の為に理解しておくべきポイントがあります。

  • 病気についての知識・考え方
  • 回復について
  • 働く事について
  • 疲れとストレスについて

この4つを理解していないと就労や復職をしてもまたすぐ休職や退職になってしまい、休職と復職の繰り返しになってしまいます。
そうならない為には、やはり上記4つが大切となってきます。

少しこの4つについて触れていきます。
「病気についての知識・考え方」については、やはり自分自身の病気を知っておく事が大事です。
これがわかっていないと、「回復について」や「働く事について」「疲れとストレスについて」に繋がらないと思います。
「回復について」はどの様にすれば回復に繋がるのか。それがわからないとリカバリーが難しいと思います。
「働く事について」は、エネルギーの使い方や仕事で症状が出てしまった時の対処法等。
「疲れとストレスについて」は、仕事でかかってくるストレス(ストレスのダム)の放流の仕方を知っておきましょう。
企業へ就職する→雇用契約を結ぶことになるので、疲れたからと言って簡単に休むことができません!
上記4つを踏まえて自己対処ができるようになり、安定した就労を実現できる自分を作っていきましょう。

見学申し込み 随時受付中❗

南流山駅北口 徒歩1分
📞04-7157-4922
受付時間 平日9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]
就労支援事業所co opus -コパス-

次の記事

コパスのクリスマス会