健康心理教室

健康心理教育

2月19日のプログラムは木村副院長による「健康心理教育inコパス」でした。
「次のステップのひとつ 就労リハビリテーション」ということでコパスを含む施設の簡単な紹介から始まりました。

思春期、青年期の発症が多く、多くは仕事に就いたことが無い、もしくは続かない現状があります。
そうしますと、就労するための訓練が必要ですよね?

就労リハビリテーションとは、みんなの夢を叶えるために行うリハビリです。
夢を叶えるためには、自分の病気や薬を知り、決められた薬をのめる事、自己対処できる事が必要となってきます。

ストレスの構造~自分で作るストレスの循環

いやなこと

いやな気分

いろいろないやな事が思い出される

いやな気分の増加

いつもそうだ

自分はついていない

これからもきっとそうなんだ

たのしくない

こんな自分の事は他人もいやなんだろうな

(最初に戻る)

認知行動療法はこの思考のクセを変える治療法です。
悲劇のヒロインを作るのも、それをハッピーエンドにするのも自分の思考なのです。
デイケアるえかで行っているプログラムの「プロデュース大作戦」を常に頭の中でできると良いですね。
※簡単に「プロデュース大作戦」を説明しますと、悲劇のヒロインをプロデュースしてハッピーエンドにするというプログラムです。

その後は病気とストレス、自己対処能力と薬の分数で健康指数を表す表がでてきたり、とてもわかりやすく説明してくださいました。

航海 就労支援や目的に向かう力獲得

そして最後は、「航海 就労支援や目的に向かう力獲得」という船のイラストに

  • 目標を定めてぶれない力(こうなりたい)
  • 自分の脳力を知る力(自分の強み)
  • 働く事を学ぶ力(働くために身に付けたもの)
  • 転ばぬ先の杖(自己対処法)
  • 楽観的な楽しむ力(息抜きや楽しみ)

を書き込み発表しました。

ひとりひとり様々で、自己対処などは他の人の意見も参考にしてもいいですね。

健康心理教育2

やりたいこと

やりたいことはできることとは違う
「なりたい」を入れ替えると「たりない」になります。
「なりたい自分になるには、たりない所を足していきましょう」との事でした。

そして忍たま乱太郎の「勇気100%」を皆さんで歌って締めくくりました。

まとめ

認知行動療法が出てきたり、目標設定が出てきたり、日々コパスでも学んでいる事が出てきつつ学ぶことができ、より理解が深まったと思いました。
今回は特別講師でしたが、心理教育はコパスで多く取り組んでいるプログラムなので、ご興味のある方は是非学びに来てください。

見学申し込み 随時受付中❗

南流山駅北口 徒歩1分
📞04-7157-4922
受付時間 平日9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]
就労支援事業所co opus -コパス-

前の記事

就労心理教育

次の記事

英会話レッスン